一軒家

庭に砂利を撒いておしゃれな空間に変える!緑の魅力を引き出す計画

木を切る際の注意点

芝生

安全な木の切り方

木が成長しすぎると倒木の恐れがあったり景観を損なう為に伐採しなくてはなりません。安全に伐採する為には、木の特性を知り機器材を正しく取扱う事が大切です。木を根元から切り倒す際はチェーンソーを使用して切込みを入れて一気に切り倒すのですが、その衝撃が大きい為周囲に人がいない事を確実に確認して倒れる方向に建物などが無い事を確認する事が必要です。万が一倒す方向を間違えた場合の事も考えて、周囲の状況を把握しておく事が大切です。周囲に建物がある場合などは、上部から順番に小さく切断していきます。枝払いをして上の方から数回に分けて切断していくのですが、高所作業になるため脚立や高所作業車を使用しなくてはいけないので、その安全を確保する必要があります。

木を切り倒す時は

木を伐採する時には、倒す方向なども考えた上で行わなければいけません。チルホールやウィンチなどで倒す方向に引っ張る事で、安全な方向にだけ気を切り倒す事が出来ます。木を引っ張った状態で伐採する時には、木が切れた瞬間に後ろに跳ね上がる可能性を考慮する必要があります。自分の足場を確保して逃げるルートも考えた上で、保護具を確実に着用して切断する事が重要です。切断する木を倒したい方向に倒すために重機などを使用して引っ張る時には、路盤の強さや木の大きさに合った重機を選択する事が大切です。重機と言えども大木が倒れる力には勝てないので、一気に引っ張られて倒れる可能性があります。倒したい方向に木を引っ張る時は、二次災害の無いように安全に作業する必要があります。