一軒家

庭に砂利を撒いておしゃれな空間に変える!緑の魅力を引き出す計画

庭の設計士

木

子弟制度の中で

個人の住宅の庭を中心に樹木の剪定や石組み、庭づくりを手掛けるのが植木屋の仕事です。植木屋は昔から子弟制度の中で仕事を覚えてきました。大阪にも多くの植木屋さんが存在しています。造園業を営んでいる親方のもとに弟子入りして、住み込みで何年かの年季奉公をつとめ、さらにお礼奉公をして独立をして一人前の植木屋になるというのがオーソドックスな方法でした。しかし現代では職業訓練校で学び、造園技能士や造園施工管理技士の資格を取得して造園会社に就職するケースが多いようです。日本庭園ばかりでなく、洋風の庭を手掛ける機会も増えてきていて、女性の進出も目覚ましい職業になっています。大阪にも女性の植木屋さんが活躍しています。

公共工事も

植木屋さんは技術はもちろんのことですが、建物との調和やエクステリアの配置などデザイン感覚も要求されるようになり、ガーデンデザイナーといったほうが一般的になっています。大阪にも素晴らしい技術を持った植木屋さんがたくさんいます。個人の庭園ばかりでなく、公共の施設の庭や企業のオフィスの庭、公園などといったパブリックスペースの設計や、施工を手掛けるのも植木屋さんの仕事になっています。これらの大掛かりな仕事は都市計画全体の中での、調和を考えたデザインが要求されることが多いため、高度な技術と経験が必要になってきます。このような植木屋にガーデニングデザインを頼めば、魅力的な庭を作ってもらえます。